メニュー

Webコンサルティング

Web Consulting

Webコンサルティングとは

「Web戦略」をメインに、「サイト企画」「Webマーケティング」をまとめて支援することを、私たちはWebコンサルティングと定義しています。戦略だけではなく、実施まで見通すことが成果につながる重要なポイントです。

  • Web戦略

    基本方針づくり

    誰に対して、どのような価値を提供し、どんな成果を出すのか決めること。

  • サイト企画

    具体策の策定

    戦略実現するため、伝えるべきことは何か、どんなサイトをつくるか。

  • Webマーケティング

    集客計画

    どう集客していくか、どう実現するか。

※「サイト企画」と「Webマーケティング」は密接に関連し、サイト企画段階でマーケティングの手段も想定しながら考えます。

Webコンサルティング=【Web戦略(基本方針作り)⇔Webサイトの企画(具体策の策定)⇔Webマーケティング(集客計画)】→Web制作

実は、これらを考えなくてもWebサイトを作ることはできます。
ユーザーを顧みない自分の好みのデザイン、具体性のない文章・・・、
けれども、それでは伝えるべきことが伝わらず、思うような成果を出すことはできません。

[Web戦略]
成功確率を上げるための基本方針づくり

Web戦略では、「成功する確率を上げる」ために、誰に対して、どのような価値を提供し、どのような成果を出すのか、という基本方針づくりをします。

Web戦略の前に、事業内容を再確認する

Webサイトを制作することは、会社や事業の原点を見直すきっかけにもなります。
そもそも対象の商品やサービスがすごければ更に成果が出ますし、その逆であれば結果は期待できず、

商品やサービス × Web戦略 × サイト企画 × Webマーケティング = 成果

という掛け算のように結果に影響します。無駄な投資にならないよう、会社や事業の本質的なことがらを整理し、商品やサービスの内容、事業の売上比率や事業の将来性についてどうお考えか、などを再確認した上で、Webサイトが担う役割と達成したい成果を考えます。

「良いサイト」の定義を固める

やりたい、こうなりたい等の目的や成果目標を実現する「いいサイトとは何か」の定義を考えます。
いいサイトの定義は各社それぞれで、例をあげると、次のようなものがあります。

  • 自分の会社のことを理解してもらえる
  • 仕事の問い合わせがくる
  • 商品が売れる(ネットショップ)
  • ご来店や予約がある

これらは、可能な限り、問い合わせ数・売上・アクセス数などを、数字として表せる指標にします。

「立ち位置と他との違い」を探す

成果を出すには、選ばれるための理由が必要です。
自社の「できることとその特徴」を客観的に見直してみましょう。

「立ち位置」とは、「誰に対して」で、市場ポジションであり、ユーザー像もそこから見えてきます。
「他との違い」は、「どのような価値を提供するか」で、言い換えれば強みや優れているところです。

「ヒアリング」「解析ツール」「フレームワークによる分析」など手法はいろいろありますが、

  • 良くも悪くも、他社との違いはどこか
  • 顧客から、よく言われることは何か
  • 各担当社員が思っていることはないか

特に、自社では当たり前と思っているところに気づけるように、ユーザーや第三者の視点が大切です。

Web戦略を策定する

「立ち位置と他との違い」が出てきたら、それらの特徴について、視点を変えたり深掘りしたりして、「誰(対象)に対して、どのような価値を提供するのか」を明文化します。競合も努力している現状で、わかりやすい優位点は、そうそうあるものではありませんから、確定でなくてもいいのです。最初はおぼろげな感じでも徐々に固まってきますし、指標にもするので、一旦まとめることが大事です。対象も価値も1つだけではない場合はそれぞれにまとめますが、多いとメッセージが伝わりにくくなるので、3つくらいにしておきます。

次に、どうやったらその対象に届くか、どのようなメッセージを伝えるかを検討します。
検索されるのであれば、どんなキーワードで検索されるのか、検索して何を知りたいのかを考え、地域の店舗であれば、どのような媒体が有効かを考えて、具体策の骨子を検討します。

戦略は方向を決めたら、時間をかけて綿密に計画するより、一番正しいと思う仮説で良いので、早く実施したほうが良いと考えています。いままでの経験からしても、実施して想定と違うところは必ずありますし、新たな発見もあり、やったもの勝ちです。重要なのは、仮説に仮説を重ねない程度の戦略でやってみて、うまくいかない時は事業もWebサイトも軌道修正していきます。

弊社の各制作プランにおけるWeb戦略立案の範囲

ビジネスによって、見直す必要のある範囲も変わります。
それに合わせて、下記制作プランを用意しました。

  • 広報・情報発信プラン

    社名や店名、サービス名など固有名詞で検索上位に表示させ、御社の考えやこだわり、商品・サービスの特徴をわかりやすく伝える。

  • 集客プラン

    まだ御社の事業・サービスを知らないユーザーも含め、Webから見込み客を集客し、EC、予約、問い合わせ等の成果に結びつける。

  • 差別化プラン

    事業構想から考え、御社の事業・サービスの明確化と差別化を図り、顧客のニーズに合う価値を作り出すことで、成長へとつなげる。

事業内容 対象となる
顧客像
価値を伝える
コンテンツ
サイトの例
広報・
情報発信
プラン
【確認】
既存事業
【確認】
既存客と、店名やサービス名などを知っている見込み客
【検討】
御社の商品・サービスの特徴や、考え・こだわりをコンテンツ化
・広報的なコーポレートサイト
・採用サイト
集客
プラン
【確認】
既存事業
【確認】
既存客のほか、
【検討】
店名やサービス名を知らない見込み客
【検討】
御社の商品・サービスの特徴や、考え・こだわりをコンテンツ化
ニーズや悩み事を解決するノウハウや経験
・ECショップ
・問い合わせ、予約等営業ツールとしてのWebサイト
差別化
プラン
【検討】
顧客像とともに見直す
【検討】
事業内容の見直しに伴い、顧客像も見直す
【検討】
事業内容に合わせたコンテンツ
事業から企画する、サービスサイトや、Webシステム

[サイト企画]
目標を実現するための具体策の策定

Web戦略に沿って、どう伝えるサイト(ショップ)にするか、具体的なサイトを企画します。

サイト構成

必要なコンテンツの種類や概要が決まったら、サイト全体の構成を検討します。
掲載したいコンテンツを列挙し、重要なものと付加的な内容(絶対必要なものと、あれば良いもの)を整理して、1ページ当たりの内容をどれくらい(文章量)掲載するか決めると、作成するページ数もはっきりします。
コンテンツが増えれば増えるほど時間もかかりますし、予算も限りがあるでしょうから、重要なものから作成して徐々にサイトを成長させていくのも一つのやり方です。

コンテンツ

Web戦略を踏まえ、何を伝えたら目標につながるか、基本となるのはサイトのコンテンツです。
サイト構成を作成するときに一緒に考えることが多く、Web戦略策定時にまとめた価値を伝えるための具体的な内容を検討します。この良し悪しで結果が決まると言っても過言ではありません。同じタイトルのページでも、ページの内容であるコンテンツによって、「ネットからの集客」と「期待する成果」の結果は全く違います。
文章の内容を概要から見出しまで考え、全体のボリュームを見ながら原稿を作成しています。

デザインの方向性

サイト企画段階では、

  • 対象ユーザーのネット環境はどうか
  • どんな会社・店舗だと思われたいか
  • コンテンツに必要な写真やイラスト・動画

など、デザインの方向性と写真などの必要な素材の洗い出しをします。

CMS(Contents Management System、記事管理システム)で更新しやすく

Webサイトは作って終わりではありません。追加したり修正したり、手を加えていく必要があるということです。そのために、構築環境を整える必要があります。お客さまご自身でも追加できるほうが時間的にも費用的にも良いので、CMSの導入をおススメしています。

CMSのメリットは

  • htmlを知らなくてもお知らせなどを更新できる
  • 複数人で更新できる(負荷とリスクの軽減)
  • スマホから更新できたりもする
  • プラグインなどで機能を追加することもできる

ですが、デメリットもあります。

  • 最初の構築時に静的ページだけのサイトより費用がかかる、
  • 操作を覚える必要がある(Wordより簡単ですが、複雑なデザインは難しい)、
  • システムなので保守やバックアップが必要、

デザインが重要なページは静的ページで作成し、ニュースやノウハウ提供など更新が頻繁なページはCMSで記事を書くなど、更新頻度や内容で切り分けています。

[Webマーケティング]
目標を実現するための集客計画

Webマーケティングは、どう集客していくか、どう実現するかを計画します。(ページ作成中)